ニキビ対策のスキンケア


大人になっても、悩まされ続けるニキビ。ニキビができてしまうと気分が落ち込み、自分に自信がなくなってしまう方もいるでしょう。治っても、でき続けるニキビに半ばあきらめ状態、なんていう方も多いのではないでしょうか?でも、ニキビができる原因をしっかりと把握し、改善することができれば、あなたもニキビ知らずのきれいなお肌を手に入れることができます。

ニキビができてしまう原因は、大きく、内的要因と、外的要因の2つに分けられます。内的要因とは、寝不足やストレスでホルモンバランスが乱れてしまい、引き起こされるものです。対して、外的要因は、肌の乾燥や間違ったスキンケア、余分な皮脂を放置したりすることによって起こります。内的要因は、生活習慣の改善によってニキビが治る場合が多いので、今回は触れません。しかし、外的要因の場合、スキンケア対策を見直さなければ、ニキビが治ることはないのです。

そのためにはまず、自分の行っているスキンケアが正しいのかどうかを把握する必要があります。たとえば、乾燥対策です。乾燥肌はニキビの天敵ですが、ただむやみに保湿をすればいいというわけではありません。乾燥に良さそうだからと、油分の多い化粧水をバシャバシャつけるといったような間違ったスキンケアは、逆にニキビを悪化させかねないのです。

今回は、ニキビでお悩みの方のために、ニキビができてしまう原因を解説し、ニキビができづらくなる正しいスキンケア方法、その際の注意点などをご紹介しますので、参考にしてみてください。